ほしいも浜喜ロゴ

〒310-0004 茨城県水戸市青柳町4566

TEL.0120-329-250(みつくにこお)

FAX.0120-329-239(みつくにサンキュー)

Eメール info@hoshiimo.net

Copyright © Hamaki co.,ltd.2017 All Rights Reserved.

さつまいもに含まれる注目の成分【ヤラピン】と便秘

2018/01/16

干し芋の原料になるさつまいもには、「ヤラピン」という成分が含まれています。ヒルガオ科の植物に含まれる「ヤラピン」は、イモ類の中では、さつまいもにしか含まれないと言われています。


今回は、さつまいもに含まれる、この注目の有効成分「ヤラピン」の効果についてご紹介します。


さつまいもが便秘改善に効果があると言われる理由に、よく食物繊維が挙げられますが、「ヤラピン」にも効果があります。生のさつまいもを輪切りにすると出てくる、あの白い液体が「ヤラピン」です。また同様に、葉や茎にも含まれています。

 



「ヤラピン」は、科学的にその効果が明らかにされるずっと昔から、緩下剤(かんげざい)として利用されてきた成分です。


現在では、この成分が実際にどういう仕組みで腸に作用するのかが分かって来ています。


弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)は、腸が便を送り出す波打つような動き(蠕動運動・ぜんどううんどう)が不活発になることで起こる便秘です。「ヤラピン」はこのようなタイプの便秘に特に力を発揮します。「ヤラピン」が腸に届くと、蠕動運動を促進する作用があるからです。


また、便を柔らかくする働きも持っていると言われているので、相乗効果でさらに排便が促進されますね。


加えて、「ヤラピン」には熱に強いという特性があります。つまり、焼く、煮る、蒸すなど、どんな調理方法を取っても、ヤラピンの成分が破壊されることはないということです。好きな食べ方やバラエティーに富んだ食べ方で、便秘対策ができるのは嬉しいことです。


便秘の症状や種類にもよりますが、さつまいもや干しいもを食べることは、「ヤラピン」や食物繊維、更にその他の有効成分が一緒になった「相互作用」によって腸内環境が改善されるということに繋がっています。


ただし、さつまいもには不溶性食物繊維も含まれていますので、多めの水分を一緒にとることもおすすめします。


ぜひ美味しい干し芋を、健やかな腸づくりに役立て下さいね!



茨城県水戸市・ひたちなか市のほしいもは、浜喜のネットショップが人気です♪
https://www.hoshiimo.net/





 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

過去の記事

ブログ|ほしいも浜喜|茨城県 水戸市

ブログ

ほしいも浜喜
ほしいも浜喜ロゴ

ほしいも浜喜

〒310-0004 茨城県水戸市青柳町4566

サイト会員登録・ログインはこちら

0