プライバシーポリシー|ほしいも浜喜|茨城県 水戸市

ブログ

カート0

メール・FAXでのご注文も24時間承ります!

FAX    みつくにサンキュー

0120-329-239

TEL   みつく にこお

0120-329-250

お電話受付

9:00〜15:00(日・祝・水曜不定休)

今年もありがとうございました!

2017年も残すところあと僅かとなりました。皆様には今年も大変お世話になりました。誠にありがとうございます。 この一年無事に干し芋を取り扱ってこられたのも皆様のおかげです。感謝してもしきれません。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 ここで恐縮ながら、今年の浜喜の3大ニュースを振り返ってみたいと思います。 まず、第三位は…『クレジットカード決済導入』です! 長らくお待たせいたしましたが、今年からようやく浜喜でクレジット決済ができるようになりました。まだ導入したばかりですが、早くも多数のお客様にご利用いただいております。導入した甲斐がありました。 ただしネットショップ限定の機能になりますので、まだまだ改善の余地はございます。 その他のご注文方法でもクレジット決済ができるようにしたいのですが、個人情報保護やコストの観点などから、なかなか実現が難しく申し訳ないと思っています。これは今後の宿題ですね。 第二位は…『ブログ開設』です! 本ブログを開設して、記事を投稿するのは想定外のことでした。実は知り合いの方にアドバイスをいただいて、ホームページリニューアルに合わせて書き始めたものでしたが、始めてみると楽しいものです。今後はもっと内容を濃くして、沢山読んでもらえるブログできるように頑張っていきたいと思っています。 そして、第一位は…やはり『ホームページリニューアル』です! 今年はなんと言っても、思いきって弊社ホームページ/ネットショップを新しくしたことが一番大きな出来事でした。以前の

人気の【お正月・人気スポット2018】干し芋のふるさと編

水戸市・ひたちなか市エリアでお土産としても大人気の干し芋。無添加の健康食品やスローフードなどの人気の高まりで、今シーズンも好調です! 今年も終わりに近づいてきましたので、そんな干しいものふるさとて注目の【お正月・人気スポット2018】を独断と偏見でご紹介してみたいと思います。 水戸市泉町商店街では1月3日(水)に、昔ながらのお正月を楽しめる、手づくりの新春企画【あけまして泉町!2018】が開催されます。 商店街の割引券をゲットできる「お年玉くじ」、水戸発祥のオセロや郷土かるた、射的ゲーム、ミニカー、鏡開きや餅つき、甘酒や杵と臼でついたお餅を使った雑煮など、盛りだくさんの内容です。 周辺のショッピングエリアの初売りも合わせて、水戸の街中を満喫できるイベントになりそうですね!(泉町会館にて10:00~15:00まで。泉町二丁目商店街振興組合・029-350-2557) 「水戸黄門」様ゆかりの【常磐神社】(ときわじんじゃ)での初詣もおすすめです。(1月1日~3日) こちらの神社では、徳川光圀公と徳川斉昭公を祀っています。偕楽園と隣り合っていて、水戸駅からもわりと近い場所です。 光圀公のおくり名である「義公」と、斉昭公のおくり名である「烈公」から名をとった【義烈館】には、書画・工芸品などが展示されています。有名な「大日本史」「陣太鼓」大砲「大極」も見ることができます。 雪の偕楽園 ひたちなか市では「国立ひたち海浜公園」に程近い【ファッションクルーズ・ニューポートひたちなか】にて、新春恒例の【福袋】が販売されます。元旦は朝9時のオープンです。 福袋は早い者勝ちということですが、予約

酒列磯前神社

年の瀬で、お正月の予定を立てている最中という方もいらっしゃるかもしれません。お正月といえば初詣ですが、今回は干し芋のふるさとにある、酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)をご紹介したいと思います。 茨城県ひたちなか市磯崎町に所在する、宝くじ運や天然記念物の樹叢(じゅそう)で知られるパワースポットですので、ぜひご一読下さいませ。 ふだんは空いていることが多く、貸切状態になることもありますが、お正月には参拝客で賑わいます。新年祈願も受け付けていて、主祭神は医療の神様・スクナヒコナノミコト。主な御利益は、病気平癒、健康長寿、家内安全、商売繁盛です。 猫のお守りやオリジナルの椿の刺繍のお守り、金運のお守りや、「ねこみくじ」「姫みくじ」などの御神籤も購入できます。 「宝くじが当たる」「金運が上がる」と評判で、特に境内の亀の石像の頭をなでると御利益があると言われています。(この石像も、実際に宝くじで高額当選された方が寄進したものだそうです。) 参道は、茨城県の天然記念物に指定されている椿・タブノキ・スダジイの木々に両脇をおおわれ、トンネルのようになっていて雰囲気が大変良いと評判です。小さな鳥居から見える漁港と太平洋の景色もすてきです。 江戸時代初期に活躍した伝説的な彫刻職人・左甚五郎(ひだりじんごろう)作と伝わる拝殿正面上部の「リスとブドウの彫刻」も見所になっています。また、かわらけ祈願が出来るようになっています。これは「カワラケ」を購入して、名前と願いを記入し、放り投げて割れると願いが叶うというものです。 「酒列磯前神社」は創建856年で、水戸徳川家とも縁の深い由緒ある神社

阿字ヶ浦

今年もあっという間にクリスマスとお正月シーズンですね。特に子供たちはプレゼントやお年玉などをもらえるので、楽しみなことでしょう。 もし宜しければ、健康的なスイーツということで、プレゼントに干し芋はいかがでしょうか?ちょっと渋すぎるプレゼントかもしれませんが… さて、茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町(あじがうらちょう)は昔から干しいもの産地で、浜喜の社長の地元でもあります。 昨今、にわかに注目を浴びている地域でもありますので、今回は阿字ヶ浦とその周辺のスポットについて書いてみたいと思います。 【国営ひたち海浜公園】 広大な敷地で、一部が阿字ヶ浦町に含まれています。春のネモフィラ、秋のコキアの絶景と、毎夏のロック・イン・ジャパン・フェスティバルで有名な公園です。散策やレジャーにぴったりの自然豊かな人気スポットです。 名前に「ひたち」とありますが、日立市ではなく、ひたちなか市に所在します。その昔この一帯が「常陸の国」と呼ばれていたという意味を込めているのかもしれません。 【阿字ヶ浦海水浴場】 東洋のナポリと呼ばれていたこともあるとかないとか…。それほど大きな海水浴場ではありませんが、夏になると海の家が建てられ、お客さんで賑わいます。多数の宿泊施設や、温泉施設、オートキャンプ場も近くにあります。 【ひたちなか海浜鉄道】 地元では「湊線」の名前で昔から親しまれてきたローカル線です。のどかな田園風景をのんびりと楽しめます。終点がちょうど阿字ヶ浦駅で、浜喜の社長も若かりし頃は湊線を使って学校に通ったそうです。 以前はレトロな車体が鉄道ファンに人気だったようですが、現在の車体はかわいい

水戸黄門様

浜喜の干しいものパッケージには水戸黄門様がプリントされています。水戸光圀公は現代でも日本中でその名を知られた水戸藩のお殿様で、「水戸黄門」や「黄門様」の通称の他、「義公」「子龍」「梅里」などのお名前があります。水戸藩の第2代藩主で、徳川家康公の孫にあたります。水戸市周辺には黄門様ゆかりの場所が点在していて、現代の私達もその足跡を辿ることが出来ます。今回は光圀公ゆかりの地をちょっとだけご紹介いたします。 【西山荘】(せいざんそう) 常陸太田市に所在する光圀公の隠居所です。「国の史跡及び名勝」として指定されています。光圀公は、ここでかの有名な「大日本史」の編纂に尽力し、亡くなるまで過ごしました。茅葺き平屋のその佇まいから光圀公が華美を嫌い、質素をモットーとしたことがうかがえます。(現在の建物は元々の建物が火事で消失した後、文政2年に再建されたものです。) 【瑞龍山】(ずいりゅうさん) こちらは常陸太田市瑞竜町に所在する水戸徳川家累代の墓所で、「国の史跡」に指定されています。光圀公が初代藩主の徳川頼房公の遺志を受け継ぎ、ここを墓地と定めたものです。日本では珍しい儒教形式の墓所になっています。もちろん光圀公もこちらに埋葬されています。しかし残念ながら現在は一般公開はされていません。 【水戸城跡】 徳川御三家の水戸家のお城跡は、水戸駅のすぐ近くにあります。水戸空襲などを経て今はお城の姿はありませんが、「薬医門」(茨城県指定有形文化財)は水戸第一高等学校に移築され残っています。水戸城全体があった敷地は現在では高校、中学校、小学校、幼稚園などの教育施設が立ち並んでいます。現在の姿

過去の記事

ほしいも浜喜
ほしいも浜喜ロゴ

ほしいも浜喜

〒310-0004 茨城県水戸市青柳町4566

サイト会員登録・ログインはこちら

0
ほしいも浜喜ロゴ

〒310-0004 茨城県水戸市青柳町4566

TEL.0120-329-250(みつくにこお)

FAX.0120-329-239(みつくにサンキュー)

Eメール info@hoshiimo.net

Copyright © Hamaki co.,ltd.2017 All Rights Reserved.